人のふり見て我がふりを見返すべきよ
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 編集 |
[20080106]
前に上げた、組曲「らき☆すた動画」にも"恋のミノル伝説"の一節が入っていたが、これもフルバージョンがキャラソンとして出ていたのだが未チェックだった。
組曲「らき☆すた動画」のそれが、妙にメタルっぽかったのでキャラソンの方も聞いてみたら、
モロ、メタルじゃないっすか!?



と言うかすっかりコレじゃないっすかw



まあ、これもリスペクトって事なんだろうねw
ただ、続石にプロだけあって完成度は高い。ギターソロもネオクラシカル風味が効いている。
しかしメタルの真骨頂はコードワークと言うかリフ廻しw
ミノル伝説の方はなんちゅうか、けっこう思いつきそうなリフ廻しなんだよね。
psycho氏の方が細かい部分のリフ廻しが効いていると思う。


ところでネオクラシカルと言うと思い出すギタリストがいる。
ジェイソン・ベッカーだ。



Jason Becker rips(YouTube)

ジェイソン・ベッカーを初めて知ったのはこの曲だった。

David Lee Roth - A Lil' Ain't Enough


もうね、なんちゅうか正統的なアメリカンハードな弾き方。
冒頭からのバッキングやフィルインだけでも非凡さが伺えるが、それに反して妙に大人しいソロ。ここら辺はデイヴの調教が効いているのだろう(w
そして最後のメチャ弾きで手癖が出てしまった、って感じか。このメチャ弾きなんかミノル伝説のと比べてもセンスあるでしょ。
これが10年以上前なんだもんなあ。
でもその頃には既にALSを患い、ツアーにも出れなくなっていた。
スティーヴ・ヴァイの後釜でもあったこのギタリストが気になって、直前にソロ・アルバムを出していたというので早速買って聴いてみたら、実はネオクラシカル方面の人だと分かってビックリしたもんである。

JASON BECKER TRIBUTE - PERPETUAL BURN


彼はCacophonyと言うバンドでデビューしたが、同バンドにもう一人ギタリストでいたのが、
今となってはギタリスト界のデーヴ・スペクターと言われるマーティ・フリードマンであるw

タモリ倶楽部 プチ妥協


そう、マーティと言えばメガデス、
そしてメガデスと言えばこの曲である。



Megadeth -- Hangar 18(YouTube)

できたかな?醤油ラ~メン!

タモリ倶楽部の空耳アワーのごく初期のネタなのだが、
いまだに語り継がれているのがスゴイw


管理者にだけ表示を許可する
Top
http://numako22.blog104.fc2.com/tb.php/89-0f434671
copyright © 2005 numako all rights reserved.

Template By innerlife02

プロフィール

numako

Author:numako
遠野とか廃道とか初音ミ(ry

プロフィール画像は
はくちょうさんから頂きました

http://twitter.com/numako

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。