人のふり見て我がふりを見返すべきよ
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 編集 |
[20160118]
北上市内には伊達と南部の藩境塚跡がいくつかある。
立花にある市立博物館敷地内、北上川を渡って相去の街、
そしてずっと南西に行って千貫石堤の近く。
そもそも藩境に塚が築かれるのは珍しいと言うのだが、
この事だけでも伊達と南部の確執が見て取れる。

ところで、この相去と千貫石堤の間にも藩境塚跡があると聞いて地図を眺めると
確かに六原扇状地の中にも史跡としての藩境塚跡の印がある。
そしてその南に藩境に沿うように家が一列に並んでるのに気づいたが、
ここ六原は戦前の軍馬補充部、現在の農業短大があったり入植地的雰囲気があり
そういった感じで整然と並べられた農家なのだろうと思った。

しかしそこの町名が上三十人町、下三十人町なのをみておや?と思ったのだ。

そもそも(人数)町というのは仙台の街に顕著なのだが、
城下町の街道の入り口などに配された足軽町のことである。
なんで城下町にあるような足軽町がこんな扇状農地の真ん中にと思ったのだ。

調べてみるとやはり伊達藩によって藩境に沿って一列に配された足軽屋敷だった。


三十人03

下三十人町。屋敷の背後に屋敷林がある。


三十人02

上三十人町。やはり屋敷林が続く。
屋敷林は伊達の地ではよく見られるが多くは散居しており
このように続いてるのはやはり珍しい。

ググると戦後頃にここをちょっと調査したという報告書が見つかるが
それによれば当初配されたのは町名通り30戸。調査時その子孫は7戸ほどだったと言う。
現在は屋敷林は残るが家の無い区画もみられる。
また足軽町とはいえ畑や田も持ち農作していて、
そもそも前途の千貫石堤は同時期に伊達藩によってこの六原扇状地の為に作られたのだが、
屋敷の特徴として厩は母屋と別だったという。
この辺では南部の曲り家は勿論、伊達の農家も厩も一緒の直家だったというから
そこは武家の屋敷だったわけである。


三十人01

その北にある藩境跡。
右手向こうに見えるのが下三十人町の屋敷林。
戦後頃まではここも土塁が築かれていたらしい。
| Top | 割山>>

□ いきていた! by yamaneko

をを!
生きてらったのすね。ここ^^

伊達と南部の力のせめぎ合いが残っているのすね。
イコール金山を巡る攻防でしたか?

2016-02-13(Sat) 01:58 | URL | #1wIl0x2Y [ 編集 ]
□ おおコメントが! by numako

かようにコメントも放置してまw

両藩の対立のメッカはやはり小友辺りだったのでしょうが
東は平田と唐丹、西はこの辺まで。
以前見た岩手の古地図の本では学間沢と覚間沢でも小競り合いがあった記録が!

2016-03-14(Mon) 01:17 | URL | #mHdfaKpc [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
Top
http://numako22.blog104.fc2.com/tb.php/442-2b951fbc
copyright © 2005 numako all rights reserved.

Template By innerlife02

プロフィール

numako

Author:numako
遠野とか廃道とか初音ミ(ry

プロフィール画像は
はくちょうさんから頂きました

http://twitter.com/numako

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。