人のふり見て我がふりを見返すべきよ
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 編集 |
[20090320]
aboutさんの記事を受けて、気になったのでちょっと逝ってみました。
小鎚明神は以前から気になってはいましたが、里にある二ヶ所は逝ったことが無かったのです_| ̄|○

まずは明神平の小鎚明神。今は逝けないので以前の画像。
マピオン地図

小鎚明神01

正面から。里の明神はここを拝む様に大体北西に向かって建てられているが、ここ自体も北西に向かって拝む様に立地している。何か意味があるのだろうか。
と、思ってたが川の向きを見ると違うような気がしてきたorz
いかりやまねこさん、どっち向きでしたっけ?

小鎚明神02

脇に有る手水鉢の周りには鉄滓(金糞)?が。

山を降ってまずは一ノ渡(蕨打直)の明神。
マピオン地図

小鎚明神03

道路の両脇には幟をたてる石柱が立っている。

小鎚明神04

一段目の階段を登ったところにある手水鉢。「文政元寅歳」と読める。

小鎚明神05

そこから本堂方面。鳥居の扁額には「小鎚神社古宮」。ちなみに鞘堂の扁額は「小鎚大明神」。

小鎚明神06

鞘堂の中を隙間からまがってみるw

続いて臼沢の明神。aboutさんとこでの古明神とはこちら。
マピオン地図

小鎚明神07

えっ、お堂が無い!? と、思ったら右に登ってく道が続いていた。

小鎚明神08

九十九折れの道をけっこう登って来た。疲れた_| ̄|○

小鎚明神09

おおう、沿岸らしく瓦屋根の本堂!

小鎚明神10

aboutさんが言ってた鰐口の裏側。確かに「元禄十四年」と読める。
ただ、aboutさんの方にもコメしたが鳥海文書wの記述に依れば氏神としてであって、本家って言い方もあれだが小鎚明神としては一ノ渡の方と言った雰囲気。
臼沢一族は明治の神仏分離まで一ノ渡の別当をしていて、こちらの御神体も別当を止めるときに一ノ渡から持ってきた物と言う。
そこら辺の経緯も調べてみればおもしろいかも知れないし、その御神体の取材もaboutさんに期待!w


ところで鳥海文書wとはこれのこと
https://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480028785/

ワタシといかりやまねこ氏の行動原理になってますw

だからといってじらすこともあるまい。今、トネーゼが乗り出すと面倒だぞ。いろいろとな。
問題ない。全ては鳥海文書の記述どうりだw

□ 閉伊七社明神の一つなんですが… by about

ども、ごくろうさまでした。
古明神とした理由は以下のソースに拠ります。urlに全角文字が含まれてますのでw
pdfですケド→http://www.town.otsuchi.iwate.jp/section/kyouiku/bunkazai/%E5%A4%A7%E6%A7%8C%E7%94%BA%E3%81%AE%E6%96%87%E5%8C%96%E8%B2%A13.pdf

ご神体については図書館で読んでた資料にも同様のことが記述されていました。また1629年(寛永6年)に城内に遷座しており御領分社堂が書かれた1759~1760(宝暦9~10年)には既に城内にあったことになります。また、その時点でもすでに4ヶ所の小鎚明神が存在していたことになります。同一の明神であることは当時でも明白であったため御領分社堂にはまとめて一社分で記述してあるのでは?と想像した次第です。

>古明神
あくまでも個人的に現在の小鎚神社以前の明神はどれも古明神という考えです、そのほうが面倒臭くないのでwww

一ノ渡りの明神にもそのうち行ってみようと思ってます。

2009-03-21(Sat) 01:47 | URL | #JnoDGgPo [ 編集 ]
□  by numako

aboutさま、
まあ、早池峰神社にしてもあっちこっちにありますからねw

それより鳥海文書wで興味深いのは鬼打ち伝説の解釈。
中央からもたらされた明神系のたたら製鉄民と鬼とされる餅鉄を使う在来の製鉄民と言う見方。鎚で打たれた鬼が逃げ帰った青ノ木には餅鉄がゴロゴロしてるそうです。

2009-03-21(Sat) 02:49 | URL | #mHdfaKpc [ 編集 ]
□ すごい行動力だ by いかりや まねこ

いま、ダレカ、アタシを呼んだかな?(www

なんか、久しぶりにワタクシも参加できるネタが(www

明神平の古社は地図を見る限り北西を向いているってことで良いと思いますよ。
モットモ、あの社は復刻版っぽいですからオリジナルがどうであったかは神の味噌汁(w
場所は同一かもしれませんが、鉄滓、石臼、すべて後付けのディスプレイと思われ、鳥海文書に描かれた鬼気迫る光景は今は昔です。
あの手水鉢。。。。まさか巨大餅鉄????

餅鉄は鉄含有量高く、不純物(硫黄など)濃度低く、さらに粘り強い鉄(を作るのに適していたと特に砲身に最適)、どこかで傍受した記憶が・・・

1600年代に北東北産鉄史に一大変革が起こったと見ています。
それが鬼打ち伝説となって残っているという鳥海文書の指すところに賛同します。

2009-03-21(Sat) 17:43 | URL | #QBOKK2KE [ 編集 ]
□  by numako

まねこさまw、
そういやマピオン地図のバッテンがびみょーにズレてました。直しときます_| ̄|○

>まさか巨大餅鉄????
まさか!www
本物の餅鉄は釜石鉄の歴史館にあったったかと思います。

餅鉄と言う良質の鉄鉱石の採れる鵜住居川水系沿い。たたらによる砂鉄精錬をするにもそっちの方がいいだろうに、びみょーに北にそれて小鎚川水系沿いで発展した、たたら製鉄。
やっぱ何かあるよね~w

2009-03-22(Sun) 00:16 | URL | #mHdfaKpc [ 編集 ]
□ 臼沢・・ by 宝飯

ワダスの先輩の臼沢某さんはこちらの地域出身ですた・・
別家で釜石在住ですが・・ここ何年と消息不明です・・www

2009-03-25(Wed) 23:27 | URL | #- [ 編集 ]
□ ももいろひひいし? by 宝飯

↑餅鉄ですが・・鵜住居川でも採取できるらすいです。遠野では早瀬川でも採取できますた・・以前某宗教団体の長wが(タイーホ済w)が橋野郷で「ももいろひひいし?」と適当な名前を付けた話は有名らすいのですが・・(爆

2009-03-25(Wed) 23:34 | URL | #w6VCZQVU [ 編集 ]
□  by numako

宝飯爺さま、
お知り合いがいらっしゃったのですか!しかし消息不明_| ̄|○

ぬぬぬ、タイーホ済の宗教団体の長とは?w

>早瀬川でも採取できますた
つまりは大峰山が中心というわけですよ。
しかして何故にたたら製鉄民は白望山を目指したのか?

2009-03-26(Thu) 08:26 | URL | #mHdfaKpc [ 編集 ]
□ 宝飯的・・妄想 by 宝飯

そりゃ~人目に付いて困るもの・・ご禁制としか・・考えられましぇ~ん(^^;)オイオイw)

宝飯的妄想想像では・・銭座・・とか・・鉄砲とか・・とにかくヤバイもの?

(タイーホは富士山麓オー○鳴く・・のアレ!信者が「石」を探していたそうな・・・w)

2009-03-26(Thu) 09:45 | URL | #w6VCZQVU [ 編集 ]
□  by numako

宝飯爺さま、
あ、やっぱりw >タイーホ
早瀬川といっても上流方面でしたっけ?
(最初、宝飯爺さんの軒先辺りでも餅鉄が採れたのかと思いますたw)

2009-03-26(Thu) 18:45 | URL | #mHdfaKpc [ 編集 ]
□ だいそうさせん by いかりや まねこ

消息筋により(のぶ)ますと(w

畑屋の駒形神社あたりに巣食っていたらしいですよ。
その。。。。鸚鵡が(w

2009-03-27(Fri) 22:29 | URL | #QBOKK2KE [ 編集 ]
□  by numako

まねこさまw、
>畑屋の駒形神社あたり
そうそう、その辺w

しかし餅鉄にまで触手を伸ばしてたとは。
奴らはとにかくそういうぁゃιぃものには手を付けてたんでしょうかね?


2009-03-28(Sat) 19:34 | URL | #mHdfaKpc [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
Top
http://numako22.blog104.fc2.com/tb.php/298-a03f5f2c
copyright © 2005 numako all rights reserved.

Template By innerlife02

プロフィール

numako

Author:numako
遠野とか廃道とか初音ミ(ry

プロフィール画像は
はくちょうさんから頂きました

http://twitter.com/numako

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。