人のふり見て我がふりを見返すべきよ
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 編集 |
[20080711]
aboutさんのブログのM7th、メジャーセブンスが般若心経に合う件w

【記事】 テスト記事です 音楽と宗教



同様に「般若心経」タグを見てたらあったこれw



aboutさんはryo氏の曲と組み合わせたのが気に入らなかったのか、スルーしてたようですがw

WIMは同時期のB★RSよりなんか気に掛かるなあと思ってたら、ジミヘンコードだったんですよ。
つまり+9th、シャープドナインス。
こういうテンション系の響きがお経と何故か合うらしい、とw

テンションを訳せば「緊張」。コードに緊張感をもたらす音と言うくらいの意味なのだろうが、
とすればお経は無意識のうちに緊張感のある響きに至っている、という事なのかもしれない。


ところで私的にM7thな曲といえばこれw

Char 闘牛士


aboutさんはジミヘンコード、+9thに馴染みは無かったようですが、
ジミヘンは勿論、フォロワーのチャー等を聴いてきた
ロックギター小僧には御馴染みすぐるコードw
つか、ワタスが大学時代に作った唯一のオリジナル曲も+9thを使いまくったものだったorz

+9thは上の曲でもイントロの最後などで使われてはいるが、
+9thだけなのがこの曲。

Char -FINGER- '80


そしてチャーといえばやはり9th。

HEAD SONG - Johnny - Louis & Char


いや~、どれもファンキーだ。

チャーの曲がファンキーなのはこれらのコードを好んで使っているからに他ならないのだけど、
とすれば、お経も捉え様によってはファンキーと言えるのか!?w

□ 不安定さ by about

取り上げていただき光栄ですw
ご存知のように長短を決める3度に近い音が9度、この「緊張」は不安定と紙一重だと思うデス。+9度に限ってみると不安定さを切るためにちょっとしか使われないものと思ってました。+9度を何小節にも渡って使い続けることで紙一重な「緊張感」を持続させその効果を得る手法は「あり」ですね!
影響を受けやすい年頃に特定の音楽に凝り固まってしまうとやっぱ見えないものって多いですね^^

2008-07-12(Sat) 12:01 | URL | #JnoDGgPo [ 編集 ]
□  by numako

aboutさま、
なるほど、ちゃんとした理論で説明すると分かりやすいですね。

私こそ早い時期にそっちの方に凝り固まってしまったもんですからw

2008-07-12(Sat) 13:13 | URL | #mHdfaKpc [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
Top
http://numako22.blog104.fc2.com/tb.php/175-c6bc2f7a
copyright © 2005 numako all rights reserved.

Template By innerlife02

プロフィール

numako

Author:numako
遠野とか廃道とか初音ミ(ry

プロフィール画像は
はくちょうさんから頂きました

http://twitter.com/numako

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。