人のふり見て我がふりを見返すべきよ
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 編集 |
[20081030]
とうとうMMDに亞北ネルが!

べっ別に萌えてなんかいないんだからねっ!!



まだ表情とかは動かせないのかな?

しかしもう時間も時間だし、飽きた寝る
スポンサーサイト
[20081030]
「かんなぎ」原作5巻買ってしまいますた_| ̄|○

やはり3巻辺りからシリアス進行w
1クールなのでここら辺を最終回に持ってくるかと予想してたが、
アニメ4話にして2巻の冒頭まで話が進んでしまっている。
これはその後の塩竃神社をモチーフとしたと思われるエピソードまで持っていくか?
そのエピソードで一段落付いてる感じだし。

シリアス進行に入った辺り、主人公がナギの素性を確かめようと何処かのぶろがぁの如くw
神薙神社に付いて調べるが詳しい情報は殆ど無い。
一度火事に遭ったため別当をしていた人も祀神すら分からない。
しかしその別当をしていた人がテラ仙台弁w
作者は「つーか多分仙台じゃないんじゃないかなあ…」とは言ってるが…w

ところでしつこく主題歌w



これを初音ミクでジェバンニしていた人がいたが、



うp主コメに拠ると
「今期アニメは何故かチョッパーベースの曲が多いような気がするけれど、
ことごとくサンプリングなのが悲しい。」

チョッパーベースの曲が多いのはあれか、「もってけ!セーラーふく」の影響かw
このうp主も"チョッパーベース"と言う辺り同年代かw
やはり元ネタ曲に比しておとなし目のベースは打ち込みなのか。
するとホーンもそうか。
ホーンでグリスダウンするときのブリブリ言う感じも打ち込みで表現出来るんだなあ。

このおとなし目の"チョッパーベース"を聴いて思い出したのは元ネタ曲よりも実はコレだった。
元ネタ曲の翌年のリリース。



本人映像のCD音源は無かったのでまたしてもアイマスからw
元ネタ曲の翌年にして既にホーンやストリングスは排除されシンセが主に使われている。
この頃のおにゃんこ物と言えば後藤次利だが、ベースは本人が弾いてると思うw
打ち込みっぽいとは言えまさかこの頃はまだ打ち込みでこのクオリティは無理だろう。

ところで"後藤次利"タグをたどったらこんなのが。



なるほど、これは後藤次利だったのね。
チョッパーにしてもオクターブで昇ってくフレーズにしても当時の流行をすぐさま取り入れてるw
同じうp主のこれも面白い。



なるほど、キャンディーズはモータウンだったのかw
そういやその頃ってスリー・ディグリーズとか流行ってたよね。

なんかすっかり話が逸れてしまったorz
[20081029]
正式な発売日は今日だがぼちぼちfullが上がってる。



件の「ハッテン☆マイケル!」部分の歌詞は「Hard day's night game」だったワケだが、
早速二番の同部分が

マジ☆舐めぇ!にw

まあ、この部分も普通に聴いていれば「マジだね!」とは聴こえる。
一番の部分も「派手~」と、空耳をねらってたんだろうか?それが…w

いずれ、ホントの歌詞論争は「もってけ!セーラーふく」の時に比べればかわいいもんだけどね。
[20081029]
なんと、らぶデス2ミクで01_ballade!



らぶデス2だとポーズにしても表情にしても数種類しかバリエーションが無いのでなかなかキツイが、
表情は豊かなのでそっちをメインに作ればいいかにゃ?

01_balladeとは公式のデモソング「星のカケラ」。
このデモを聴いてこの様に歌ってくれると思い幾人の人々が初音ミクを買った事か。
しかも初期はデフォで音痴仕様w
まあ、ワタスもそれに引っ掛かった一人ですがw

01_balladeで3Dと言えばこの二つ、キオ式とMMDだがその比較動画。



ボーカロイド
ハツネ
ミク
すたあと   フイタ
[20081026]
ちぇぇぇぇぇぇぇぇぇん!

東方M-1グランプリのやくもチェンのらぶデス2版が来てた。



前作からダイブ間があいてるがうp主はにとりのモデルが出来るのを待ってたらしい。
しかし、結局出来ずに代わりにあのゆっくりが…w

マイクを倒してにとりが睨んでると言うのは、にとりは東方界の技術部なためか。
言語翻訳機なんかも作ってるw



ちょ、テラミクw
[20081020]
お昼時、Y屋のぬこはエサ待ち。
その瞬間、カラカラと裏口の開く音が!

Y屋の猫57

違ったにゃ~。お昼まだかにゃ~w

Y屋の猫58


ところで「かんなぎ」のOPの最後のところがハッテン☆マイケル!
に聴こえる件w



原作者も自分のページで言ってるしw
たけなしのーと

更に、ところで3話には主人公らの通う高校も出てきたが、どうやら多賀城高校とのこと。
いや、ホント特定が速いw
鼻節神社も立地がスゴイ良い所ですね。



このシーンの比較はないのか?フイタ
[20081015]
穢れは根こそぎ許さない!

「かんなぎ」のロケ地が仙台な件。
最近のアニメはかなり具体的なロケ地があるワケですよw

ワタスは作者のページで知ったのだが、"かんなぎ ロケ地"でググっても
あまり具体的な情報はヒットしない。
でも、仙台だと言われて一通り見ればワタス程度の土地カンでも高砂、福室辺りだとは分かる。
まあ、それで掲示板の方にカキコんだのだが、例の神社のモデルの特定は難しいだろうと思った。
アニメと同じ場所にあるのならともかく、勿論そうではないし、
それほど大きそうな社でもないので、近所にあるとしても探すのは大変だ、と。

その後ふと"かんなぎ 舞台"でググッたら、なんかけっこうワラワラとorz
にゅーあきばどっとこむ経由で見られるブログを見ると既に聖地巡礼wしており、
件の神社も、当然と言う感じでフツーに特定されているw

それによるとモデルの神社は七ヶ浜町にある鼻節神社との事。
この神社についてはお向かいさんが詳しいかな?w
まあ、物語りとは直接繋がりはないんだろうけどね。


なんて書いてたら既にこんな動画もあったw



テラDecisive Battle www
[20081013]
BS11では放送中止になった今期最有力アニメw



そう言えばaboutさんも「我が家のお稲荷さま。」を取り上げていたけど、

【記事】 テスト記事です 我が家のお稲荷さま。 - “about” blog (試用中)

なんか最近みょうに神様物のアニメが多いようなw
しかし、神様と言うか巫女萌えの元祖はやはり「うる星やつら」のさくらか?w

この「かんなぎ」も産土神と言う設定だが、
ツンデレな押しかけ女房に幼なじみもいるよ、と言う王道を行く内容に加え、
OPにアイドル風振り付けも入れて、押さえるところは押さえたなあと言う感じw

しかし最近のアニメに則してパンチラはやはり無い。
もう今となっては「パンツじゃないから恥ずかしくないもん!」と開き直るか、
ギリギリ見えない様にするしか無いのが現状。
最近の深夜アニメが「はいてない」とか言われるのはそのためだw



しかし、あのヤマカンと神前暁のコンビにしてはOPの曲がなんかフツーだ。
最近のアニメ曲調とはまた違う、バックの生のホーンとかむしろ懐かしいふいんきw
それに「もってけ!セーラーふく」とはまた違ったごくフツーなチョッパーベースwにしても、
なんか全体的に"地味だね"w
と思ったらこれのパロなんだそうな。



この頃はこの手のチョッパーベースはもう王道中の王道だったからねw
[20081010]
いや、オタの底力を垣間見たw

「久慈ありす」快走 三鉄発の癒やし系キャラ-岩手日報

ありすの好物ホヤの薫製フイタ

鉄道むすめキャラソン第二弾「久慈ありす しおさいシュンフォニア」


鷲宮町の「らき☆すた」で町おこしからも久しいが、首都圏以外でもけっこう有効と言うか
地方に観光がてらがやっぱりいいのかもしれない。
「ひぐらしのなく頃に」の白川郷の様に。

実際、今の時代一番金離れのいいのはオタだったりするのよね。

秋田県羽後町 JAうご 美味しい「あきたこまち」

こちらは某二次掲示板では「テラエロゲw」などと揶揄されたりもしてるけど、
それでもおおむね好評の様で、やはり「遠方から来た人」も多かった様だし。

遠野もね、せっかく遠野を題材とした良作品があるのだからそれを利用しない手はないと思う。
「魔法遣いに大切なこと」なんかはほっておいたら、何時の間にか主人公が北海道出身になってるしorz
[20081006]
となりの801ちゃんの管理人がティッシュ姫の撮影現場にいたとな!?

となりの801ちゃん - ニコニコに光臨した姫

それはこの動画だろう。



801ちゃんの反応がいいw

更に萌え!!ワロタ

いや、絶対こういうオチだと思ったw

801ちゃんについては特に説明しません。
アーカイブを最初から見るべし!いや、絶対面白いからw
[20081005]
ミクとハクがDX7で人差し指だけでトルコ行進曲。



リンのリボンが時々ピクッと動くのが気になるw
16分が続くとこに入ると「無理だ!」コメで溢れてるが、
それより人差し指だけでトリルをどうするのかとw

最後にはDX7の妖精さんが…


ところでトルコ行進曲と言うとこれを思い出す。

Crossroads - Classical to Blues Guitar


例の映画"クロスロード"の一場面。
うっとりと聴いていた先生がとたんに不機嫌になるのがワラエル。
続きのこの場面を見ると状況がわかりやすい。

Crossroads movie blues guitar clip 2


"Don't serve two masters" 二人の主人に仕えるな。
お前は才を認められてこのジュリアード音楽院に来たのだから、
ブルースなどにうつつを抜かさずにクラシックに専念しろ、と忠告されるのだが…w
続いて弾いているのは所謂パガニーニで最後のギター決闘でも弾く曲だが、
映画のクレジットでは何故かトルコ行進曲のアレンジとされている。

ついでに、そのギター決闘がニコ動にH264でうpされていたので。


[20081004]
拙動画がこちらの動画で紹介されていた。



確かに「え?これ知らなかった!」ってな感じかw

しかし、こうして埋もれ曲を掘り起こして(埋もれてるのはワタスのくらいかw)、
しかもわざわざ動画にしてくれる人には頭が下がるorz


ところで、やはり拙動画「画面の向こうのあなた -勝手に遠野弁ver.-」で、
とうとう"ひっつみ"ネタに喰らいついた人が…w



元歌では「ひゃふわい」⇔「where?who?why?」と韻を踏むと言うか逆空耳の部分。
「ひゃふわい」はネルの口癖…らしい。出所はイマイチわからないけどw

で、「ひっつみ」⇔「Hit's me」は遠野人なら中高生の頃に英語の先生のオヤジギャグとして
聞いていて有名なハズだw
「英語を話す外人さんは怖くて口に出せない遠野の食べ物がある。
ひっつみ、ヒッツミー、Hits me!」ww

いや、実はこの曲で遠野弁ver.を作ろうと思ったのは元歌のその部分を聴いて、
最初にこれを思い出したってのが大きかったりするw

あっ、そう言えばアポストロフィは余計ですね。ま、勢いで付けてしまった、とw
copyright © 2005 numako all rights reserved.

Template By innerlife02

プロフィール

numako

Author:numako
遠野とか廃道とか初音ミ(ry

プロフィール画像は
はくちょうさんから頂きました

http://twitter.com/numako

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。