人のふり見て我がふりを見返すべきよ
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 編集 |
[20070530]
材木町、某軽便鉄道軌道跡から。

軌道跡猫

猫が居ます。見えますか~?
実は犬も居ます。
スポンサーサイト
[20070528]
らき☆すたのエンディングにMONKEY MAGICキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!


いや~、これはマジで噴いた(w
いや、ホントにディスプレイを汚すところでしたよ。
こなた自重!

リア厨の頃マジでコピーしてますた_| ̄|○
ギターの浅野さんのカッティングがカッコいいんですよ。
ダメ、ダメだ!このカラオケのギターはなってない!
オリジナルはこうだ!

さらには当時ベストテンとかのライブでの演奏がアグレッシブと言うか、
もうまさにネ申!
http://www.youtube.com/watch?v=s5wV4Lix7bM
浅野さんのギターもだけど、スティーブ・フォックスのベースも
サビの所のグリッサンドビブラートなどは背筋が震える。
宣教師にしておくには勿体ない(w

ところで、冒頭の「アチョー!」はやっぱりトミー・シュナイダーでおk
[20070525]
ふ~う、やっとオワタ\(^o^)/

案の定portupgradeが途中でエラーで止まり、そのためかupgrade済のライブラリが消えてしまい、それらを一つずつ特定して再インストール_| ̄|○

なんとかupgrade自体を終えてconfigファイルも作りなおして、
起動しようとするも起動せず_| ̄|○
なんとビデオカードのドライバのみならず、
キーボードやマウスのドライバもデフォでは入っていないではないか(w
選んでインストールしないといけない様です。
ところがドライバは入れたもののやはり起動しない_| ̄|○
「Could not open default font 'fixed'」とエラーが出ます。
これはググってみてx11-fonts/font-aliasを入れればいいと分かりましたが、
それなら何故最初から入らないんだ?

さて、2号機はディスプレイにアナログ接続ですからこれでOKですが、
1号機はMatrox G550からDVI接続なので普通のドライバの他にmga_halドライバが必要です。
xorg7.0.0用まではLinux用がオヒシャルから出ていますが、これは使えませんでした。
しかし、色々ググっているうちにアンオヒシャルなフォーラムをハケン!

Unofficial Matrox Technical Support Forum
ここに7.2.0まで対応したドライバがありました。
ここを見付けなければDVI接続で使えないところだった(汗

以前オヒシャルにあったFAQになんかそっくりなんですけどね。
オヒシャルにFAQが無くなったとオモタらこんな所にって感じです。
[20070524]
ここ数日FreeBSDのxorg祭りにてこずってました_| ̄|○

困ったときのアニメネタ(w「らき☆すた」7話後半部

初めての携帯電話に一喜一憂するつかさ。
携帯を壊してしまったつかさが、もう本当に可哀想で可哀想で(ノД`)シクシク
特に「もう買って貰えないかなあ」というセリフはズキーンと来た。

歳を取った故、涙腺がゆるんだか?
それとも娘を持つ父親の立場故か?(w

ネタとしては(元々は4コママンガ)かがみが言う様に、
きょうびこんなヤツいねー、って事でしょうけど、
らき☆すた的には、無事だった「しぶといやつめ」(w
[20070518]
宮沢賢治の童話「シグナルとシグナレス」。
http://why.kenji.ne.jp/douwa/33siguna.html
画像は胡四王山にある宮沢賢治記念館のもの。
賢治記念館

この物語を初めて読んだ頃は軽便鉄道の駅が本線とは別だった事は知らず、
現在の花巻駅をイメージしていたため、いまいちピンと来なかったんですよね。
しかし、軽鉄の駅が本線の東側に別にあった事が分かると、
声が西風に流される描写もピンと来ます。
mapion
花巻駅前のホテルグランシェール裏にある軽鉄駅跡の標柱。
軽便駅跡1

説明と簡単な地図が載ってます。
軽便駅跡2

そこから見た花巻駅。
軽便駅跡3

花巻博物館に展示されてるジオラマ。
軽鉄の駅に並んで花巻電鉄の花巻中央駅もありました。
軽便駅跡4


2007-05-18(Fri) 18:49 | トラックバック(0) | コメント(7) 編集 |
[20070515]
Y屋の猫01

にゃん眠暁を覚えずだ(゚д゚)なー

Y屋の猫02

でも起きたの(゚д゚)なー

Y屋の猫03

久しぶりに3匹揃ってるのを見ました。
おトイレも出来た様です。

おまけ
酔っ払い

上組町某医院の前に居たヨッパライ(w
[20070515]
某IBCの番組や、同局の遠野出身アナウンサーなどで
メディアでも良く見かける様になったこの方言。

初めてメディアに登場したのは、やはり宮沢賢治の一連の作品でしょう。
例えば"なめとこ山の熊"では、
「じゃ、おきの、小十郎さんさ一杯あげろ」
と出てきます。
角川文庫版の注釈では、
"「では」でなく、呼びかけのことば。ジャよりジェに近い"
と載ってます。

TVメディアで古いのは私の知る限りでは"岩手誉"のCMでしょうか。
「まんつ飲むべ」で始まったったかな?
「じゃじゃ、かっちゃん貰ったが?」
「貰ったっす、貰ったっす」
「じゃじゃ、銭ゃ貯ったが?」
「貯ったっす、貯ったっす」
「じゃじゃ、てんで酒は岩手誉だ!」
「ハリャー」
大瀬しのぶが若い者に酒を注ごうとするが、「じゃじゃ」とその度話題を振るので
なかなか飲めないと言うオチなのですが(酒のCMでこんなオチでいいのか)
大瀬しのぶは他のCMでも「じゃじゃ」を連発していた様な気がする。

しかし私が「じゃ」を意識する様になったのは"まんだらやの良太"と言う漫画でした。
何巻の何の話だったかは忘れましたが、
(実は全53巻持ってるハズなのですが物置にバラバラにしまわれてるので見つけ兼ねた_| ̄|○)
ヒロインの月子が花巻市矢沢の宮沢宛に手紙を出そうとポストの口に手紙を入れようとすると
それはポストの隣りに立っていた良太の口だった!
詳しいやり取りはやはり忘れましたが、
「あんたそのままポストになりい」とか月子が揶揄した時の良太の反応が
「じゃっ」でした。
けっこう的確な使いかただなあと思ったものです。
作者の畑中純氏はけっこうな宮沢賢治ファンで、何度か花巻にも行ってるので
(氏は作者を尋ねたり作品の舞台を尋ねたりするのは文学少女のする様な事で
自分は絶対そんなことはしないと言う信念をあっさり曲げてくれたのが宮沢賢治でした、
と言ってますw)
現地で「じゃ」を体験したのかも知れません。

実は私が宮沢賢治を読む様になったのも"まんだらやの良太"がきっかけでしたw
作中にも賢治ネタが頻繁に出てきます。
それに氏の賢治ものの版画がとてもいいのです。
http://www.comicbox.co.jp/gallery/hatanaka/index.shtml
[20070511]
大出森林軌道(仮称)のうち上大出、砂防ダムの前後の辺りは以前探索しましたが、
実は大出の中心地からここに至るまでの道筋が不明でした。
http://numako22.web.fc2.com/nikki05.html#D111005

それがこの前、住宅地図(wをなにげに眺めているとぁゃιぃ道筋をハケーン!
さっそく逝ってみるとビンゴ!

中心地の現車道をそのまま北上し、早池峰神社の脇で現車道と分かれ林に入り
車道と同じ様に西に向かいます。

大出01

その後すぐ90度北にターンして大きく回り込みながら砂防ダムの辺りへ向かいます。
途中の沢には大きな築提もありました。
画像は大出方向を向いて。

大出02

さて、ところがですよ、先生!
昭和23年の空中写真を見てみると、その軌道筋は途中までは出来てるふう。
そのかわり川に沿って軌道筋?が見えるではありませんか!
http://archive.gsi.go.jp/airphoto/ViewImage.do?WorkName=USA&CourseNo=M1128&PhotoNo=14

そうか、前回と今回探索した軌道筋は砂防ダム建設により付け換えられたものだったのだ!
ならば付け換え以前の痕跡はあるのか?
件の砂防ダムの堰堤上から下流側を見てみると、
おお!石積みの護岸がしっかと残ってるでは無いか!

大出03

ついでに上大出に架かる現林道の橋を渡りちょっと逝ってみると、
なんと、立派な橋台跡が!

大出04

橋の正面の沢に続く軌道から分岐ループしてその沢を渡り、
土倉川沿いへ向かっていた様です。

現林道の橋の下辺り、右岸にはぁゃιぃ石積みが続いていたし、
いや~、調べるほど色々出てくる。
ただ一つ問題が。
付け換え前の軌道跡は大出の中心地に入る軌道跡からそのまま真直進んでいたとして、
付け換え後の軌道跡はそれとは直交することになる。
どこからどの様に分岐していたのだろう?

2007-05-11(Fri) 20:13 | トラックバック(0) | コメント(6) 編集 |
[20070510]
Σ (゚Д゚;)おわっ

ヘビ01

こっち見てます(w

ヘビ02

[20070510]
キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!

と言うか\(^o^)/人生オワタ

BANDAI製の"食玩"、EVANGELION PORTRAITS 2。
続石(さすが)エヴァ物、この辺境の地でも売ってました(w

まあ"食玩"ですから…(汗

エヴァ食玩

[20070509]
このblogの表題"猫の第六事務所"は宮沢賢治の「猫の事務所」、

~軽便鉄道の停車場のちかくに、猫の第六事務所がありました~

から取ってます。
軽便鉄道の停車場とは当時の岩手軽便鉄道の鳥谷ヶ崎駅、
そして猫の第六事務所とはその向かいにあった旧稗貫郡役所の事です。
現在の花巻地区合同庁舎の場所です。
mapion
近年、この当時の稗貫郡役所の建物が大迫町の旧町役場の別庁舎に使われていた事が分かり、
解体復元されて今年の7月には旧町役場跡地に完成する様です。

稗貫郡役所


2007-05-09(Wed) 05:06 | トラックバック(0) | コメント(5) 編集 |
[20070508]
blog始めてみました(汗

附馬牛で見た光景。
犬と人が連れだって歩くのは良くありそうですが、
猫とおばあさんが連れだって歩いていました。
猫が先に歩き、時々振り返っておばあさんを待っている。

こんな行動をする猫もいるんだなあ、と。

猫の先達
copyright © 2005 numako all rights reserved.

Template By innerlife02

プロフィール

numako

Author:numako
遠野とか廃道とか初音ミ(ry

プロフィール画像は
はくちょうさんから頂きました

http://twitter.com/numako

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。